表彰規定

地盤工学会四国支部特別表彰規程

平成11421日制定

平成2018日改定

平成23426日改定

平成251123日改正



(目的)

1条 この規程は、地盤工学に係る技術の発展及び技術者の意識向上を図ることを目的として、地盤工学会四国支部規程第22条に基づき、支部主催の技術研究発表会における優秀論文の口頭発表者を優秀発表賞(以下「賞」という)として表彰するために定めたものである。

 

(受賞対象者)

2条 受賞対象者は以下のとおりとする。

(1)地盤工学会の個人会員であること。

(2)大学および高等専門学校等の教員でないこと。

(3)過去5年以内に受賞していないこと。

(4)当該年度の41日時点で40歳未満であること。

(5)発表者数の概ね10%程度の人数を表彰する。

 

(審査方法)

3  賞を選考するために、論文審査委員会(以下「委員会」という)を設置する。

2. 委員会は、委員長および委員4名の計5名で構成する。委員長は幹事長とし、委員は幹事長が選任する。採点委員は、委員会が選任する。

3.口頭発表は3名以上の採点委員で採点を行う。

4.採点項目は、(1) 発表内容、 (2) 発表技術、(3)発表時間、(4)質疑応答の4項目とする。

5.採点委員は、採点結果を委員会に提出する。委員会は、提出された採点結果を基に受賞者を選出する。

6.委員長は、支部幹事会に受賞者を報告する。

(表彰方法)

4条 表彰は、支部長が行う。
2.
表彰を行うにあたっては、賞状を授与することができる。

 

(附則)

この規程は、平成251123日より施行する。






地盤工学会四国支部年次表彰規程

平成20年1月8日制定

平成23426日改定



(目的)

1条 この規程は、地盤工学会四国支部(以下「支部」という)規程第22条に基づき、地盤工学の学術並びに技術の発展と学会支部活動の活性化に寄与した優れた業績を表彰するために定めたものである。

(表彰対象)

2条 表彰は「地盤工学会四国支部賞(以下、四国支部賞という)」を授与して行う。四国支部賞は、原則として四国支部の会員による次のいずれかに該当する業績を対象として、個人(複数可)または団体に授与する。

(1) 技術賞

四国地域で実施され、四国支部における技術研究発表会等で発表された調査、設計及び施工等の個別技術に係る業績

(2) 技術開発賞

活用性、汎用性に優れた技術の開発及び実用化等

(3) 研究・論文賞

四国支部および各県の地盤工学研究会で発表された創造性、特殊性が活かされた学術的に優れた研究論文及び研究報告等

(4) 功績賞

① 地盤工学会四国支部の活動に永年従事し、学会の進歩、発展、運営に顕著な貢献をしたと認められる業績等

② 地盤工学会四国支部関係技術者の育成及び技術力向上に顕著な貢献をしたと認められる業績等

③ 地盤工学会四国支部の広報ならびに社会的地位向上に貢献をしたと認められる業績等

3条 四国支部賞は第2条の各項目の名称を「四国支部賞(賞名)」と称する。各部門について該当者のいない場合には授与を見送る。

4条 受賞者は原則として四国支部に所属する会員または特別会員とする。

 

(表彰委員会)

5条 四国支部賞を選考する表彰委員会(以下「委員会」という)を設置する。

6条 委員会は委員長、幹事1名、委員4名とする。

7条 委員長は支部長とする。

8条 幹事、委員は委員長が選任する。

(応 募)

9条 四国支部賞の応募は別途定める「応募推薦要領」による。

(審査及び決定)

10条 応募業績の審査及び受賞業績の決定は委員会で行う。

(表 彰)

11条 総会において支部長が賞状を授与する。

(附則)

12条 この規程は、平成23426日より施行する。





地盤工学会四国支部賞の応募・推薦要領

制定年月日 平成20年1月8日

 地盤工学の学術並びに技術の発展と学会支部活動の活性化に寄与した優れた
業績(個人・団体)を以下の要領に基づいて表彰する。

1.賞の種類
独創性もしくは創意工夫等に優れたものと認められ、次のいずれかに該当する
業績を対象として個人(複数可)または団体に授与する。

(1) 技術賞
 四国地域で実施され、四国支部における技術研究発表会等で発表された調査、
 設計及び施工等の個別技術に係る業績

(2) 技術開発賞
 活用性、汎用性に優れた技術の開発及び実用化等

(3) 研究・論文賞
 四国支部および各県の地盤工学研究会で発表された創造性、特殊性が活かさ
 れた学術的に優れた研究論文及び研究報告等

(4) 功績賞
 ① 地盤工学会四国支部の活動に永年従事し、学会の進歩、発展、運営に
   顕著な貢献をしたと認められる業績等
 ② 地盤工学会四国支部関係技術者の育成及び技術力向上に顕著な貢献を
   したと認められる業績等
 ③ 地盤工学会四国支部の広報ならびに社会的地位向上に貢献をしたと認
   められる業績等

2.候補の範囲
 発表または概ね完了した業績を対象とする。

3.受賞者資格
 受賞者資格は原則として四国支部に所属する会員または特別会員とする。
 しかし,顕著な業績のある場合にはその限りでない。技術及び技術開発部門は
 個人(複数可)または団体(法人・会社・官公庁)とし,研究・論文及び功績
 部門は個人(複数可)とする。

4.応募(推薦)の方法
 応募は自薦他薦を問わない。

5.審 査
 審査は四国支部表彰委員会で行う。

6.発 表
 受賞者に直接通知によって発表する。

7.表 彰
 四国支部総会にて行い、賞状を授与する。

8.提出書類
 ① 応募書1部(地盤工学会四国支部賞候補推薦書)
 ② 業績資料(表彰対象(1)~(4))

9.提出方法・連絡先
  下記宛先まで郵送にて提出するものとする。
  〒790-8577 松山市文京町3 愛媛大学工学部環境建設工学科内
                   地盤工学会四国支部事務局
             TEL:089-927-9817 FAX:089-927-9817



地盤工学会四国支部技術研究発表会表彰規程

平成11年4月21日制定
平成20年1月8日改定

平成23426日改定

平成251123日改定



(目的)

1条 この規程は、地盤工学に係る技術の発展及び技術者の意識向上を図ることを目的として、地盤工学会四国支部規程第22条に基づき、支部主催の技術研究発表会における優秀論文の口頭発表者を優秀発表賞(以下「賞」という)として表彰するために定めたものである。

 

(受賞対象者)

2条 受賞対象者は以下のとおりとする。

(1)地盤工学会の個人会員であること。

(2)大学および高等専門学校等の教員でないこと。

(3)過去5年以内に受賞していないこと。

(4)当該年度の41日時点で40歳未満であること。

(5)発表者数の概ね10%程度の人数を表彰する。

 

(審査方法)

3  賞を選考するために、論文審査委員会(以下「委員会」という)を設置する。2. 委員会は、委員長および委員4名の計5名で構成する。委員長は幹事長とし、委員は幹事長が選任する。採点委員は、委員会が選任する。

3.口頭発表は3名以上の採点委員で採点を行う。

4.採点項目は、(1) 発表内容、 (2) 発表技術、(3)発表時間、(4)質疑応答の4項目とする。

5.採点委員は、採点結果を委員会に提出する。委員会は、提出された採点結果を基に受賞者を選出する。

6.委員長は、支部幹事会に受賞者を報告する。

 

(表彰方法)

4条 表彰は、支部長が行う。
2.
表彰を行うにあたっては、賞状を授与することができる。

 

(附則)

この規程は、平成251123日より施行する。

 


Ċ
支部HP管理,
2014/05/14 0:13
Comments