‎‏‎‎‎‎‎‎‏‎‎‏‎‏‎‎‎‎‏‎‎‏‎‎‎‏‏‏‏‏‏‏‏‏‎‏‎‏‎‎‏‎‎‏‎‎‏‎‎‏‏‏‎‎‏‎‎‎‏‏‎‎‏‎‏‏‎‎‏‏‎‏‏‎‎‎‏‎‏‏‏‎‎‏‏‏‎‏‏‎‎‏‎‏‎‎[支部] 平成20年度 地盤工学会四国支部技術研究発表会

2009/10/19 20:42 に 支部HP管理人 が投稿   [ 2009/10/19 20:52 に更新しました ]
平成20年度 地盤工学会四国支部技術研究発表会

(社)地盤工学会四国支部

 下記のとおり地盤工学会四国支部技術研究発表会を開催いたします。例年の趣向を変えて今年は大島という景色の良い場所での開催です。多数の参加申込みをお願いいたします。

日時9月26日(金)13:00~9月27日(土)13:00

プログラム:(発表8分+質疑分5=13分)

13:00-14:45 座長 吉村 洋
1.空中電磁探査法によるトンネル地山評価の検証事例
香川大学大学院工学研究科 ○濱田康司
香川大学工学部 長谷川修一,山中 稔
西日本高速道路エンジニアリング四国(株) 三谷浩二

2.高松城天守台内部盛土の土質物性について
香川大学大学院 ○石川照久
香川大学工学部  山中 稔,長谷川修一
高松市文化財課  大嶋和則

3.Combined influence of varying sizes of free mica and mica-like clay minerals
on the shear strength of landslide soils in Nepal
愛媛大学大学院理工学研究科 ○Manita Timilsina,Netra Prakash Bhandary,廣田清治

4.緑化困難地における石炭灰粒状材の緑化基盤性能実証試験
(株)四電技術コンサルタント ○小松博幸
香川大学工学部 増田拓朗
四国電力(株) 竹中佳
(財)四国産業・技術振興センター 岩原廣彦

5.石材加工石粉の地盤材料への活用に向けた基礎実験
香川大学工学部 ○山中 稔,長谷川修一
高橋石材 高橋省二
(財)四国産業・技術振興センター 岩原廣彦

6.豪雨に伴う斜面崩壊規模と谷密度との関係
香川大学大学院 ○三村 享
香川大学工学部 長谷川修一,山中 稔,Ranjan Kumar Dahal,野々村敦子

7.グラウンドアンカーの荷重計の点検管理方法について
(株)相愛 ○常川善弘
三重大学大学院 酒井俊典
(株)相愛 小野 誠,福田雄治

8.道路改良時に地質脆弱部で発生した地すべりの事例
(株)ナイバ  ○木村一成 山本和彦,小野山英則
愛媛大学大学院理工学研究科 榊原正幸
岩手医科大学サイクロトロンセンター 世良耕一郎

14:50-17:00 座長 山中 稔
1.ブロック積み擁壁の滑動による破壊機構に関する一考察
高松工業高等専門学校専攻科 ○山本陸登
高松工業高等専門学校 向谷光彦,松原三郎,岡崎芳行
日本興業(株) 松山哲也,右近雄大

2.橋台の変状について
(株)第一コンサルタンツ ○水田勝也,関山雅彦

3.遮水シートを用いたため池漏水対策について
西日本高速道路(株)四国支社徳島工事事務所 ○堀内悠司,内田純二
赤松土建(株) 山口真市朗 

4.四国横断自動車道 徳島IC~鳴門JCT間における軟弱地盤試験盛土計画事例
西日本高速道路(株)四国支社徳島工事事務所 ○湯浅利幸,内田純二
(株)北岡組 高橋敬治
(株)ファルコン 平岡一明

5.矩形,馬蹄形埋設管の動的遠心実験に対するFEM弾性解析
阿南高専 ○吉村 洋
大阪市大 東田 淳 

6.GIS-based Roadway Route Optimization Incorporating Landslide Susceptible Areas
- A Case of Nepal -
Ehime University ○Netra Prakash Bhandary,Bhoj Raj Pantha,Ryuichi Yatabe

7.軽量盛土材を使用した補強土壁工法による中山間地における道路構築
-クリンカアッシュとジオテキスタイル併用構造の設計・施工事例-
ニタコンサルタント(株) ○市橋義治,安富英樹,住友 智

8.2001年芸予地震で液状化の発生した埋立地の地盤構造と振動特性
愛媛大学大学院理工学研究科 ○田村一樹,森伸一郎,久木留貴裕

9.防災教育を通した地域づくり
愛媛大学防災情報研究センター ○鳥居謙一
愛媛大学大学院理工学研究科 松本美紀,矢田部龍一

10.アジアの発展途上国における防災啓発戦略
愛媛大学大学院理工学研究科 ○松本美紀,ネトラ・バンダリー,高橋治郎,矢田部龍一

9:15-10:50 座長 二川義人
1.遠心模型実験用振動台の試作
愛媛大学工学部 ○石丸恭平,二神治
愛媛大学大学院理工学研究科 岡村未対
愛媛大学工学部 政岡 孝,稲田静磨

2.落石運動解析に要するDEMパラメータの推定法に関する一考察
徳島大学大学院 ○内輪丈彰,蒋 景彩
(株)基礎建設コンサルタント 能野一美,徳島大学 山上拓男

3.落石防護網の現状と問題点
(株)ロイヤルコンサルタント 筒井秀樹,○加賀山 肇

4.落石防護網の重錘衝突実験
(株)ロイヤルコンサルタント ○筒井秀樹,加賀山 肇

5.圧入鋼管杭の引抜抵抗力増大と過剰間隙水圧の関係
(株)技研製作所 ○尾川七瀬,石原行博,木下三郎
高知高専テクノフェロー 多賀谷宏三

6.Study on Correlation between SPT N value and Pile Penetration Test Data
(株)技研製作所 ○石原行博, 尾川七瀬,木下三郎
高知高専テクノフェロー 多賀谷宏三

7.圧入鋼管杭の鉛直載荷試験結果に関する一考察
-単独圧入方式とウォータージェット併用圧入の比較 -
(株)技研製作所 ○木下三郎
高知高専テクノフェロー 多賀谷宏三

11:00-13:00 座長 内田純二
1.四国の高速道路における南海地震に対する土構造物の耐震性評価について
西日本高速道路(株)四国支社 高松技術事務所 ○冨田雄一,森春樹,小島秀範

2.既存杭基礎の地震時地盤変位における耐震性評価チャートの適用
(株)芙蓉コンサルタント ○須賀幸一,小倉和壽,山本信一
愛媛大学大学院理工学研究科 森伸一郎

3.四国地盤情報DBを活用した高知平野の地盤モデル構築
国土交通省四国地方整備局四国技術事務所 ○二川義人,吉良 勉

4.カトマンズ盆地の地盤情報DB構築
愛媛大学大学院理工学研究科 ○村上雄亮,ネトラ・バンダリー,矢田部龍一

5.2008年岩手・宮城内陸地震における地表地震断層と周辺被害
愛媛大学大学院理工学研究科 ○森伸一郎,久木留貴裕

6.2008年岩手・宮城内陸地震における斜面災害
愛媛大学大学院理工学研究科 ○久木留貴裕,森伸一郎

7.2008年岩手・宮城内陸地震における地震記録から求めた残留変位
愛媛大学大学院理工学研究科 ○大原光世,森伸一郎,門田慶史

8.2008年四川大地震災害現地調査報告
―斜面崩壊・地すべり・ダム被害を中心として―
徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 ○蒋 景彩
京都大学防災研究所 王 功輝

9.四国の研究機関の連携による東南海・南海地震への対応
愛媛大学防災情報研究センター ○矢田部龍一,鳥居謙一
香川大学危機管理研究センター 長谷川修一
徳島大学環境防災研究センター 中野晋
高知大学総合研究センター防災部門 大年邦雄

研究発表会会場:村上水軍博物館 講義室
        今治市宮窪町宮窪1285 TEL:0897-74-1065
        http://www.city.imabari.ehime.jp/bunka/suigun/

交流会会場:いけす料理・海宿 千年松
      http://sen.pony.jp/saito.htm
      今治市吉海町名駒25
      TEL:0897-84-4192  FAX:0897-84-4749

参加申込み料:3000円
       参加申込み後,請求書をお送りします。
       当日支払いも可能です。
       参加者には講演概要集を1冊進呈します。

参加申込み要領:FAXまたはE-mailで,参加者氏名,所属,連絡先住所,
        電話番号,FAX番号,E-mailを記入して下記宛てに申込み下さい。
        詳細な申込書を送らせて頂きます。

参加申込み期限:9月19日(木)

交流会参加費:10,500円(1泊2食,飲み代別)
        5,000円(交流会のみ,飲み代別)

*交流会は宿泊か,否かを明記して下さい。宿泊はこちらでまとめて申し込みます。

申込み先&問い合わせ先:〒790-8577 松山市文京町3
            愛媛大学工学部環境建設工学科 中島淳子
            電話&FAX:089-927-817
            E-mail:nakajima@cee.ehime-u.ac.jp


Comments