地盤工学会四国支部

「平成30年7月豪雨による四国地方の地盤災害に関する特別講演会」のご案内


主 催:公益社団法人地盤工学会四国支部

後 援:公益社団法人土木学会四国支部


平成 30 年 7 月豪雨においては、河川の氾濫、洪水、土砂災害が発生し、多数の方がお亡くなりになるなど西日本一帯が甚大な被害を受けました。犠牲者の皆様に心より哀悼の意を表しますと共に、いまだ不自由な避難生活を余儀なくされている皆様に衷心よりお見舞い申し上げ、被災地の一日も早い復旧・復興を願っております。

さて、(公社)地盤工学会四国支部では、今回発生した地盤災害の状況把握とメカニズム解明のため、産・官・学から講師を迎え、四国地方における被災状況と災害発生機構に関する講演会を以下の要領で開催いたします。四国内で発生した様々な地盤災害の状況が紹介される大変貴重な機会ですので、ぜひ皆様、奮ってご参加頂きますようお願い致します。

G-CPDポイント数:5.0

●日 時:平成31年 1月 31日(木) 13:00~18:30

●場 所:サンポートホール高松 61会議室(〒760-0019 香川県高松市サンポート2-1)

●受講料:無 料

●定 員:100名

●内容・講師:

時 間

内    容

講  師

13:05~13:45(40min)

愛媛県内の土砂災害の発生状況と特徴

森 伸一郎 (愛媛大学)

13:50~14:30(40min)

国道56号における

土砂災害状況と復旧について

秋山 慎吾 (国土交通省四国地方整備局)

14:35~15:15(40min)

高知県内の土砂災害状況と

発生機構について

中島  昇 (㈱地研)

15:20~16:00(40min)

高知道立川トンネル坑口付近での

大規模斜面崩壊と復旧計画について

久保井 泰博 (西日本高速道路㈱四国支社)

16:00~16:10

(休 憩)


16:10~16:50(40min)

愛媛県内の河川堤防の

被害状況と発生機構について

岡村 未対 (愛媛大学)

16:55~17:35(40min)

愛媛県内のため池の

被害状況と発生機構について

小林 範之 (愛媛大学)

17:40~18:20(40min)

土砂災害に対する防災・

減災上の課題と対策について

長谷川 修一 (香川大学)


●特別講演会申し込み方法及び申込先:

氏名、勤務先(学校名)・同住所・同電話番号・同e-mailアドレスを明記した申込書をメールでお送り下さい(別紙様式でも可)。


●申込締切:平成31年1月17日(木)


(懇親会)講習会後高松市内にて講師を囲んで懇親会を開催致します。ご参加ください

会 費:4,000円程度(後日連絡します)  

場 所:未定(後日連絡します)


●問い合わせ先:090-6881-9036 地盤工学会事務局 中島淳子E-mail:nakajima@cee.ehime-u.ac.jp

.平成30年度 地盤工学会四国支部特別講演会 申込書


E-mail:nakajima@cee.ehime-u.ac.jp



氏    名

氏    名









 




勤務先:                 


住 所:                 


連絡者氏名:              


連絡先電話番号:            

E-mail :                 


備 考:懇親会へ参加される方はお名前をご記入下さい

<<PDFファイル:20181106_H30四国支部特別講演会(平成30年7月豪雨災害).pdf >>