平成28年度 地盤工学会四国支部 現場見学会 参加者募集
                                       公益社団法人 地盤工学会四国支部

愛媛県大洲市にある鹿野川ダムでは、ダム右岸側に新たにトンネル方式の放水路を通す「トンネル洪水吐き」の工事を進めています。このトンネルは、最大で毎秒1000立方メートルの水を流せる国内最大級の水路トンネルとなります。既設ダムに「トンネル洪水吐き」を新設することは、国内初の工事となり、新工法を採用したチャレンジングな現場となっています。
地盤工学会四国支部では今年度、その「鹿野川ダム改造事業現場」の見学会を企画いたしました。国内最大級・国内初の工事現場を見学しませんか?ご参加お待ちしております。

日  時 :2016年7月22日(金) 13:30~17:30

現場見学 :愛媛県鹿野川ダム改造事業(愛媛県大洲市肱川町)

集合場所 :愛媛大学(松山市文京町3)

  程 :愛媛大学   集合・出発 13:30   
   鹿野川ダム 事業概要説明
           鹿野川ダム建設工事現場
      愛媛大学   バス到着  17:30 

参加費:会員:1,000円、非会員:2,000円(当日現金、または後日)

募集人数:25名

CPD:2.0

参加申込要領:FAXまたはE-mailで「見学会 参加」と書いて参加者氏名、会員・非会員、所属、連絡先住所、電話番号、

FAX番号、E-mailを記入して下記宛てに申込み下さい。

申込期限 :2016年7月19日(火)

申込み先&問合せ先:〒790-8577 松山市文京町3 愛媛大学工学部環境建設工学科内
          地盤工学会四国支部 中島淳子
          電話09068819036 E-mail:nakajima@cee.ehime-u.ac.jp