愛媛県地盤工学研究会 平成21年度 第2回講演会開催の案内

2010/01/18 19:16 に 支部HP管理人 が投稿   [ 2010/01/31 19:33 に更新しました ]
地盤工学会四国支部愛媛県地盤工学研究会

 下記の要領で愛媛県地盤工学研究会の平成21年度第2回講演会を開催します。一部は(独)港湾空港研究所および羽田空港D滑走路プロジェクト推進室の専門家を招き,港湾・空港関連の最新の話題についてお話しいただく講演会を開催します。
 二部は博士論文公聴会を開催致します。鳥居氏の研究は海岸砂浜の保全に関する性能設計法をまとめられたものであり,林氏の研究は無機とバイオを活用した地盤改良法に関するものです。両氏の発表とも長年にわたる研究を愛媛大学学位申請論文としてまとめたものですので,貴重な講演会になるものと思います。是非ご参加くださいますようご案内申し上げます



1 部:講演会

日 時平成22年2月16日(火) 10:00~12:00
会 場:愛媛大学総合情報メディアセンター メディアホール

講演者・講演題目

渡部要一 ((独)・港湾空港研究所・土質研究室長)
「干潟土砂の土質力学と底生生物の活動」
野口孝俊 (国土交通省・東京空港整備事務所課長・東京国際空港D滑走路プロジェクト推進室)
「羽田空港D滑走路プロジェクト~計画、施工、新技術~」

2 部:博士論文公聴会

日 時:平成22年2月16日(火) 13:00~15:00
会 場:愛媛大学工学部2号館2階15番講義室

発表者・論文題目:
鳥居謙一
「砂浜の性能設計法の開発とその応用に関する研究」
林和幸
「無機反応及び生体触媒反応を活用した炭酸カルシウム結晶砂の力学特性」

問合先&申込先:地盤工学会四国支部中島淳子