ネパール調査報告会


主催:地盤工学会四国支部愛媛県地盤工学研究会


 愛媛県地盤工学研究会は、ネパールで開催されたシンポジウムに参加し、ネパールの地すべりの調査を2013年10月に実施いたしました。今回の調査に関して報告会を開催いたします。なお、報告会終了後新年会を予定しております。ご参加ください。



日 時:平成26年1月7日(火)15:00~17:15

会 場:愛媛大学工学部校友会館 2階サロン

定 員:40名(無料)

内容:

  15:00~15:05 挨拶                 愛媛大学理工学研究科 安原 英明

  15:05~15:30 「ネパールの道路施設の現状と考察」     

(株)第一コンサルタンツ 矢田 久康、谷脇 弘規

15:30~16:00 「チャイナロードの地すべりについて」        応用地質㈱ 田中 敏彦

  (休憩 16:00~16:10)

  16:10~16:40  「落石防護網の研究事例」       愛媛大学理工学研究科 木下 尚樹

  16:40~17:00「愛媛大学ネパール防災研究活動報告 ~過去10年間を振り返って~ 」       

愛媛大学理工学研究科 ネトラ バンダリ

  17:00~17:15 質疑応答

  18:00~    新年会(場所未定) 

申し込み、問い合せ先(締め切り12月25日)

  参加希望者は、氏名、所属、連絡先を明記の上、下記までメール又はFAXにてお申し込み下さい。

  中島淳子  E-mail: nakajima@cee.ehime-u.ac.jp  TEL&FAX:089-927-98170

 

 <PDFファイル:ネパール調査報告会