学術講演会の開催案内 

主催:地盤工学会四国支部愛媛県地盤工学研究会・土木学会四国支部愛媛地区 

 地盤工学会四国支部愛媛県地盤工学研究会および土木学会四国支部愛媛地区では、地震工学・地盤工学 分野の第一人者である盧之偉氏と森伸一郎氏をお招きして学術講演会を下記の要領で開催します。 
 盧之偉氏は、台湾国立高雄第一科技大学にて、地盤工学に関する研究に従事しており、地盤工学分野の エキスパートです。また、森伸一郎氏は、地震工学分野の第一人者で、地盤の振動特性や土の変形強度特 性などの地震工学上の研究に長年携わっておられます。今回お二人には、2016年2月6日に発生した台 湾南部地震の被災地を調査した結果を異なる視点から報告して頂きます。
 多数の参加をお願い申し上げます。 

記 

日   時  平成28.年4月15日(金) 14:00~16:00
場   所  愛媛大学交友会館 2階 サロン
定   員  40名
参加費    無料
申し込み  参加希望者は、氏名、所属、連絡先を明記の上、中島(E-mail:nakajima@cee..ehime-u.ac.jp、 FAX 089-927-9817)まで申し込んでください。
CPDポイント:2.0  (地盤工学会会員の方はG-CPDカード(会員証)をご持参ください. 非会員の方は登録される学協会所定の用紙をご持参ください) 

内  容:
14:00~ 開会挨拶
                                                愛媛大学理工学研究科 安原 英明 
14:10 ~ 15:10     
     The 2016 Meinung Earthquake caused damages in Taiwan with a special focus on geotechnical aspect of damages               (※英語による講演、邦題:2016年台湾美濃地震における地盤被害)   
                                              台湾国立高雄第一科技大学 盧 之偉
 
15:10 ~ 16:00      台湾南部地震における構造物被害と教訓   
                                              愛媛大学理工学研究科 森 伸一郎

<<PDFファイル:学術講演会の開催案内>>