平成24101

各位

四国地質調査業協会 高知支部

支部長 森 直樹

平成24年度 技術研修会のご案内

テーマ:『地震と斜面災害』

拝啓

時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。

 さて、四国地質調査業協会高知支部では、地質調査における技術力向上と技術力及び技能の伝承に関する取り組みの一環として、これまで3年間、地すべりに関する技術力向上を目的とした講習会や現地研修会を実施してきました。

 しかし、平成23311日の東日本大震災で、私達には「地震と土砂災害」に関する調査研究の必要性と緊急性が課せられたように思います。2004年の新潟中越地震や、2008年岩手・宮城内陸地震では、山間部で土砂災害が多発し甚大な被害を蒙りました。「地震と土砂災害」への認識が新たとなりましたが、2011年東日本大震災では、特に山間部での補給路や避難路確保の重要性が指摘されました。

  高知県では南海トラフで発生する巨大地震への備えが現実味を帯びてきています。四国山脈を貫く主要な国道・県道の櫛の歯構想の確立や孤立化対策などに対応するためには、「地震時の斜面の安定度評価」と「その維持管理」がどうしても必要となってきます。地震時の斜面の安定度評価は、現状ではまだ確立された手法はありませんが、これまでの多くの実績を基に、評価手法の確立が今後急速に進むものと期待されます。そして、私達地質調査業に携わる者として、「地震と土砂災害」問題にいち早く取り組み、それを解決していくことが私達の役目であるものと思われます。

 

 本研修会は、「地震と土砂災害」に関する初年度の取組みとして、「地震と斜面災害の実態とその特徴」、「地震時の斜面安定度評価の現状」などをテーマに、講習会形式で実施します。

つきましては、ご多用の折とは存じますが、下記の要領で開催いたしますので、初心者の方はもちろんのこと熟練の方も多数ご参加下さいますようお願い申し上げます。

敬具

 

主催:四国地質調査業協会 高知支部

共催:高知県地盤工学研究会

日時:平成241112日(月) 13:0017:00

開催場所:サンピアセリーズ  高知市高須砂地155番地 ℡088-866-7000

定 員:200
参加費:無料
CPD単位:3.5ポイント
参加申込:所属、氏名および連絡先を明記して、FAXもしくはメールでお申し込みください。

申込締切り:平成24112日(金)

申込先:■四国地質調査業協会高知支部事務局
            TEL088-823-0900 FAX088-822-1548
            E-mail tishitu@mb.pikara.ne.jp
        ■高知県庁関係者
            高知県土木部防災砂防課 吉村 宛
            TEL088-823-9844 FAX088-823-9539
            E-mail hitoshi_yoshimura@ken3.pref.kochi.lg.jp
※参加申込書(電子データ)及び問い合わせは、「四国地質調査業協会高知支部 事務局」までお願いします。
 

≪プログラム≫

 

1230      受付開始

 

13001305  開会挨拶

四国地質業協会 高知支部         支部長 森 直樹

 

13051435  地震による斜面災害の実態とその特徴

()地すべり学会会長 弘前大学 農学生命科学部

                      教授 桧垣 大助

 

14351445  休憩

 

14451545  地震時の斜面安定度評価の現状(仮題)

                    国土交通省 国土技術政策総合研究所 危機管理技術研究センター

砂防研究室          研究官 野村 康裕

 

15451600  主要道路の防災対策について(仮題)

高知県中央西土木事務所 道路建設課 道路第三班

                     班長 山下 智

 

16001610  休憩

 

16101655  質疑応答・意見交換

コーディネーター 高知大学農学部     教授 笹原 克夫

 

16551700  閉会挨拶

           四国地質調査業協会 高知支部       副支部長 永野 敬典

 
 
 

≪展示ブースのご案内≫

 

◎展示ブース出展会社

・㈱オサシテクノス    「土砂災害観測システムなど」

 ・アンカーアセットマネジメント研究会 「サーモ(アンカーの危険度判定システム)」

 ・㈱技研製作所      協議中

・㈲高知地質       協議中