平成26年度 徳島県地盤工学研究会 特別講演会のお知らせ

主催 (社)地盤工学会四国支部 徳島県地盤工学研究会

 平成26年度の特別講演会を下記のとおり開催いたします。今回は,金沢大学准教授の小林俊一先生をお招きしてご講演いただきます。小林先生は地盤の支持力問題などを対象として塑性力学に基づく数値解析分野で幅広い業績を残されており,平成18年度地盤工学会論文賞を受賞されております。多くの方々のご参加をお待ちしています。

G-CPD:    1ポイント
開催日時: 平成27年3月30日(月) 16:00~17:30
会場:        徳島大学 工業会館 メモリアルホール(http://www.tokushima-u.ac.jp/kgk/ourhall/)
参加費:     無料

講師:                           金沢大学 准教授 小林俊一
特別講演の題目(予定):支持力問題と数学
特別講演の概要(予定):地盤工学では支持力問題や斜面安定問題,土圧問題を取り扱う際に,伝統的に剛塑性問題の解を利用す
                                   る場合が多い。ところで,この解はどんな性質を持つのか,またどういう意味があるのか?解説している土質
                                   力学の教科書は少ない。一方で,計算機を使えば弾塑性の有限要素法による解が得られるが,これらと剛
                                   塑性問題の古典的な解との関係についても,解説しているものはあまり見かけない。本講演では,数学とい
                                   う道具を通して支持力問題がどのように書けるのか,嘘をつかない程度におおらかに解説する。その上で,                                      有限要素法の解と古典的な支持力解について関係性を説明する。

参加の申込み:  お名前,所属,連絡先住所,電話番号,E-mailアドレスを記入し,下記宛てにE-mailで申込み下さい。
申込み締切り:   平成27年3月27日(金)

申込み・問合せ先:
                   〒771-1156 徳島県徳島市応神町応神産業団地3番地1
                   四国建設コンサルタント株式会社 技術三部設計課 藤川 誠次
                   TEL:088-683-3393,E-mail:fujikawa-seiji@yoncon.co.jp