平成28年度 徳島県地盤工学研究会 学術講演会のお知らせ

主催 (公社)地盤工学会四国支部 徳島県地盤工学研究会



 地盤工学会四国支部徳島県地盤工学研究会では,標記の学術講演会を開催いたします.なお,講演会の終了後に交流会を予定しております.

G-CPD: 1ポイント

開催日時: 平成29年3月31日(金) 15:00~16:30

会場: 徳島大学工業会館(http://www.tokushima-u.ac.jp/kgk/ourhall/

参加費: 無料
講師: 徳島大学教授 渦岡良介

講演題目(予定):「南海トラフ地震に備えるための地盤工学」

講演の概要(予定):
 南海トラフ地震では平野部の液状化や山間地の斜面崩壊が懸念されている。液状化の問題では,河川堤防などの盛土構造物や住宅地の被害が懸念され,水際の構造物はその後の津波による影響を受ける可能性もある。一方,斜面崩壊の問題では,危険個所の定量的な被害予測は地盤情報の不足のため困難ではあるが,2004年新潟県中越地震や2016年熊本地震のように地震前後の降雨が斜面崩壊に影響する可能性もある。本講演では,これらの地盤災害について,数値解析や遠心模型実験を用いた最近の研究成果を紹介し,南海トラフ地震に備えるために地盤工学が何をすべきか考える。

参加の申込み:お名前,所属,連絡先住所,電話番号,E-mailアドレスを記入し,下記宛てにE-mailで申込み下さい。

申込み締切り:平成29年3月24日(金)

申込み・問合せ先:
(公社)地盤工学会四国支部 徳島県地盤工学研究会事務局
〒779-3120 徳島県徳島市国府町南岩延883番地9
株式会社基礎建設コンサルタント 技術部 技術課内 小林 昌弘
TEL:088-642-5330,E-mail:kobayashim@kisocon.co.jp