支部行事

  • 平成30年度技術研究発表会 優秀発表者 平成30年度技術研究発表会 優秀発表者(株)四電技術コンサルタント 菅原 大介(株)第一コンサルタンツ 岩瀬 誠司  徳島大学 来島 尚樹  高知大学 西村 大輝  徳島大学 林 あかね<<PDFファイル:優秀発表者平成30年度技術研究発表会.pdf>>
    投稿: 2018/12/11 18:31、支部HP管理
  • 「平成30年度地盤工学会四国支部賞」候補募集 「平成30年度地盤工学会四国支部賞」候補募集 地盤工学会四国支部では、地盤工学の学術並びに技術の発展と学会支部活動の活性化に寄与した優れた業績を表彰するために、四国支部賞(技術賞、技術開発賞、研究・論文賞、および功績賞)を設けております。四国支部賞は原則として四国支部の会員による業績を対象として、個人(複数可)または団体に授与されるものです。地盤工学会四国支部表彰規定により、平成30年度地盤工学会四国支部賞候補を下記の通り募集いたしますので、ふるってご応募下さい。なお、国土交通省四国地方整備局では、「建設コンサルタント業務(地質調査)における業務表彰実績の評価の拡充として、本表彰による受賞実績が入札契 ...
    投稿: 2018/12/07 18:31、支部HP管理
  • 第308回コンクリートセミナー「これからの時代に求められるコンクリート技術の展望」 第308回コンクリートセミナーこれからの時代に求められるコンクリート技術の展望開催日:2019年2月7日(木)会 場:かがわ国際会議場(タワー棟6階)    〒760-0019 香川県高松市サンポート2−1時 間:9:55~16:30主 催:セメント協会後 援:(公社)土木学会四国支部、(一社)日本建築学会四国支部、(公社)日本コンクリート工学会四国支部 ...
    投稿: 2018/11/07 16:30、支部HP管理
  • 平成30年7月豪雨による四国地方の地盤災害に関する特別講演会 地盤工学会四国支部創立60周年記念事業「平成30年7月豪雨による四国地方の地盤災害に関する特別講演会」のご案内主 催:公益社団法人地盤工学会四国支部後 援:公益社団法人土木学会四国支部平成 30 年 7 月豪雨においては、河川の氾濫、洪水、土砂災害が発生し、多数の方がお亡くなりになるなど西日本一帯が甚大な被害を受けました。犠牲者の皆様に心より哀悼の意を表しますと共に、いまだ不自由な避難生活を余儀なくされている皆様に衷心よりお見舞い申し上げ、被災地の一日も早い復旧・復興を願っております。さて、(公社)地盤工学会四国支部では、今回発生した地盤災害の状況把握とメカニズム解明のため、産・官・学から講師を迎え ...
    投稿: 2018/12/11 18:26、支部HP管理
  • 平成30年技術研究発表会プログラム 平成30年度地盤工学会四国支部技術研究発表会 プログラム(発表7分,質疑応答3分)11月9日(金曜日)  9:30~9:40  開会挨拶  徳島大学 上野 勝利 9:40~11:00 セッションⅠ  斜面と維持管理2   座長:小林昌弘(基礎建設コンサルタント)                 1. 讃岐山脈南麓部におけるDEM を利用した地すべり緩斜面の地形量の特徴○菅原大介(㈱四電技術コンサルタント)、長谷川修一(香川大学 ...
    投稿: 2018/10/31 19:18、支部HP管理
  • 平成30年度 地盤工学会四国支部技術研究発表会 参加者募集 平成30年度 地盤工学会四国支部技術研究発表会 参加者募集                        公益社団法人 地盤工学会四国支部下記のとおり平成30年度地盤工学会四国支部技術研究発表会を開催いたします。多数の参加申込みをお願いいたします。記日時:平成30年11月9日(金)    9:00~18:00 研究発表会    18:30~20:30 交流会   平成30年11月10日(土)     9:00~12:00 研究発表会 ...
    投稿: 2018/10/19 5:19、支部HP管理
  • 平成30年度学術講演会 「地域を支える道路・港湾インフラと今後の展開」のご案内 平成30年度学術講演会「地域を支える道路・港湾インフラと今後の展開」のご案内公益社団法人土木学会四国支部では、平成30年度学術講演会を下記のとおり開催いたします。多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。 主 催 :公益社団法人 土木学会四国支部・公益社団法人 地盤工学会四国支部 日 時 :平成30年10月19日(金)13:30~15:40 場 所 :サンポートホール高松 61会議室(高松シンボルタワー内ホール棟6階) 定 員 :120名 C ...
    投稿: 2018/10/01 9:33、支部HP管理
  • 平成30年度地盤工学会四国支部技術研究発表会原稿執筆要領 平成30年度地盤工学会四国支部技術研究発表会原稿執筆要領  下記の原稿の書き方により原稿を作成して下さい。 原稿提出  原稿は、下記の原稿の書き方により作成の上、メール添付にて期日までにご提出下さい。メール添付の場合は、編集作業段階での文字化けを防ぐためにPDFファイルとして下さい。 原稿提出期限:平成30年10月22日(月)必着  編集・印刷の時間がありますので期限をお守り下さい。 提出先:E-mail:nakajima@cee.ehime-u.ac.jp 原稿の書き方 1.内容   原稿は ...
    投稿: 2018/09/13 17:30、支部HP管理
  • 平成30年度 地盤工学会四国支部 現場見学会 参加者募集 平成30年度 地盤工学会四国支部 現場見学会 参加者募集公益社団法人 地盤工学会四国支部徳島県吉野川河口で建設されている徳島東IC~徳島JCT間の高速道路建設現場を西日本高速道路株式会社 四国支社 徳島高速道路事務所のご協力ものと、土工工事および橋梁工事の施工状況を見学させて頂く予定です。四国横断自動車道が横過する「吉野川渡河部」は、多種多様な希少生物が生息・生育し、渡り鳥のシギ・チドリ類が飛来する湿地を有する吉野川の河口域に位置することから、軟弱地盤対策のみならず、環境保全の観点においても重要な場所であります。そのため工事に際しては、自然豊かな「吉野川渡河部」の環境保全が図られています。記日時: 2018年11月10日 ...
    投稿: 2018/10/15 1:13、支部HP管理
  • 「地盤のモデル化と蛇籠構造物について考える」講習会のご案内 地盤工学会四国支部 「地盤のモデル化と蛇籠構造物について考える」講習会のご案内 主 催:公益社団法人地盤工学会四国支部 後 援:公益社団法人土木学会四国支部 後 援:日本応用地質学会中国四国支部 地盤・岩盤の挙動を検討する際、対象としている問題に応じて、地盤・岩盤を連続体や粒状体として扱っているのが現状です。一方、土木構造物には自然材料と人工材料を組み合わせた複合的な構造で成り立つものもあり、金網製の籠枠に礫質土・砕石などの自然材料を詰めた蛇籠は典型的な例と言えます。 蛇籠は低コストで環境面に優れるため、特に開発途上国では主要な土木構造物として活用されていますが、力学特性や耐震性については未解明な点が多く、設計 ...
    投稿: 2018/08/17 0:31、支部HP管理
  • 平成30年度 地盤工学会四国支部技術研究発表会 論文募集 下記のとおり平成30年度地盤工学会四国支部技術研究発表会を開催いたします。多数の論文発表申込みをお願いいたします。日時:平成30年11月9日(金)    10:00~17:00 研究発表会18:00~20:00 交流会   平成30年11月10日(土)     9:00~12:00 研究発表会研究発表会会場:うずしお会館 第1会議室徳島県鳴門市撫養町南浜東浜165-10 電話088 ...
    投稿: 2018/07/03 17:09、支部HP管理
  • 公益社団法人地盤工学会四国支部 平成30年度支部総会 公益社団法人地盤工学会四国支部 平成30年度支部総会 公益社団法人地盤工学会四国支部 支部長 野崎 智文 日 時:平成30年4月24日(火7) 16:00~17:00 会 場:レクザムホール大会議室 (高松市玉藻町9番10号)       議 事:平成29年度事業報告および決算、監査報告     平成30年度事業計画および予算 平成30年度支部役員 その他  懇親会:シレーヌ(レクザムホール・大ホール棟6階)17 ...
    投稿: 2018/03/16 6:41、支部HP管理
  • 「平成29年度地盤工学会四国支部賞」候補募集 「平成29年度地盤工学会四国支部賞」候補募集 地盤工学会四国支部では、地盤工学の学術並びに技術の発展と学会支部活動の活性化に寄与した優れた業績を表彰するために、四国支部賞(技術賞、技術開発賞、研究・論文賞、および功績賞)を設けております。四国支部賞は原則として四国支部の会員による業績を対象として、個人(複数可)または団体に授与されるものです。 地盤工学会四国支部表彰規定により、平成29年度地盤工学会四国支部賞候補を下記の通り募集いたしますので、ふるってご応募下さい。 なお、国土交通省四国地方整備局では、「建設コンサルタント業務(地質調査)における業務表彰実績の評価の拡充として、本表彰による受賞実績が入札契約手続きにおいて活用されていることを付記しておきます ...
    投稿: 2018/01/04 23:58、支部HP管理
  • 「目からウロコ 基本からわかる土圧、支持力」講習会のご案内 地盤工学会四国支部 「目からウロコ 基本からわかる土圧、支持力」講習会のご案内 主 催: 公益社団法人地盤工学会四国支部 後 援: 公益社団法人土木学会四国支部、公益社団法人日本技術士会四国本部      一般社団法人建設コンサルタンツ協会、一般社団法人全国地質調査業協会連合会四国地質調査業協会、一般社団法人全国測量設計業協会連合会四国地区協議会 土木構造物を設計する上で最もわかりにくいのは土圧と支持力問題です。本講習会では、豪雨や地震等によるトラブル事例を紹介しながら、土圧と支持力問題の基本的な考え方を分かり易く説明します。その上で、演習問題を中心に、土圧、支持力の算定法、擁壁の安定性照査法を誰でも分かるように具体的に解説します ...
    投稿: 2017/11/15 22:45、支部HP管理
  • 平成29年度 地盤工学会四国支部技術研究発表会 平成29年度 地盤工学会四国支部技術研究発表会                          公益社団法人 地盤工学会四国支部 下記のとおり平成29年度地盤工学会四国支部技術研究発表会を開催いたします。多数の参加申込みをお願いいたします。 記 日時:平成29年11月10日(金)     10:00~17:00(予定) 研究発表会 18:00~20:00 交流会    平成27年11月11日(土)      9:00~12:00(予定) 研究発表会 研究発表会会場 ...
    投稿: 2017/10/04 4:00、支部HP管理
  • 平成29年度 地盤工学会四国支部 現場見学会 参加者募集 平成29年度 地盤工学会四国支部 現場見学会 参加者募集 公益社団法人 地盤工学会四国支部  横瀬川は、中筋川の支川としてその源を高知県宿毛市仏森(標高682m)に発し、小さな蛇行を繰返しながら南流し、四万十市有岡地点で中筋川と合流している一級河川です。 現在横瀬川では、中筋川流域の洪水調整を行うと共に河川機能を正常に維持することを目的として、「横瀬川ダム」が建設中です。 「横瀬川ダム」は、堤高72.1m、堤頂長188.5m、堤体積165,000m3の重力式コンクリート形式のダムです。 本見学会では、中筋川総合開発工事事務所のご協力のもと、建設途中である「横瀬川ダム」の堤体施工状況を見学させていただきます。 日 ...
    投稿: 2017/09/15 0:45、支部HP管理
  • 平成29年度 公益社団法人日本地すべり学会関西支部 講習会 平成29年度 公益社団法人日本地すべり学会関西支部 講習会 「防災分野へのGIS技術の利活用」 《日   時》:平成29年6月23日(金)10:00~17:00 《場   所》:ちより街テラス 第3会議室          〒780-0806 高知県高知市知寄町2丁目1-37         電話:088-883-5444 ------------ プログラム------------ 10:00~10:10 開会挨拶 ...
    投稿: 2017/09/15 5:54、支部HP管理
  • 公益社団法人地盤工学会四国支部 平成29年度支部総会 公益社団法人地盤工学会四国支部 平成29年度支部総会 公益社団法人地盤工学会四国支部 支部長 岡村 未対 日 時:平成29年4月17日(月) 16:00~17:00 会 場:サンポート高松合同庁舎低層東2階 アイホール (高松市サンポート3-33)       議 事:平成28年度事業報告および決算、監査報告     平成29年度事業計画および予算 平成29年度支部役員 その他  懇親会:香港亭(マリンプラザタイム高松 ...
    投稿: 2017/09/15 5:54、支部HP管理
  • 平成28年度 地盤工学会四国支部技術研究発表会 平成28年度 地盤工学会四国支部技術研究発表会                          公益社団法人 地盤工学会四国支部 下記のとおり平成28年度地盤工学会四国支部技術研究発表会を開催いたします。多数の参加申込みをお願いいたします。 記 日時:平成28年11月17日(木)     10:00~17:00(予定) 研究発表会 18:00~20:00 交流会    平成27年11月19日(金)      9:00~12:00(予定) 研究発表会 研究発表会会場 ...
    投稿: 2016/11/07 17:50、支部HP管理
  • 「防災・環境・維持管理と地形地質」講習会のご案内 地盤工学会四国支部 「防災・環境・維持管理と地形地質」講習会のご案内 主  催: 公益社団法人地盤工学会四国支部 後 援: 公益社団法人土木学会四国支部,一般社団法人日本応用地質学会中国四国支部 趣旨文:土質基礎工学ライブラリー「建設計画と地形・地質」の30年ぶりの改訂版として「防災・環境・維持管理のための地形・地質の見方」が出版されました。高度成長期の建設の時代から防災・環境・維持管理の時代へと大きく世の中が変化したことを考慮して、項目や扱う事例を一新しました。本講習会では、この書籍の内容をもとに、廃棄物などの環境問題、地震災害及び豪雨災害 ...
    投稿: 2016/07/10 7:00、支部HP管理
1 - 20 / 131 件の投稿を表示中 もっと見る »