遠心模型実験技術研究会
   会長 竹村 次朗

第1回遠心模型実験技術シンポジウムの開催案内

 1998年に東京で開催された遠心模型実験に関する国際会議「Centrifuge‘98」の際には国内の多くの遠心ユーザーが定期的に集まる機会が設けられ,遠心実験ユーザーのネットワークが形成されていました。遠心模型実験技術は経験や独特のノウハウに基づく部分も多いため,これを通じて行われていた情報交換や一斉試験は実験技術の向上に寄与していました。
 それ以来,早10年以上が経ち,その間に遠心模型実験の利用が拡大し国内では新たな実験装置が導入され新規ユーザーが参入すると共に,多くの機関で遠心実験担当者の世代交代が進みました。また,海外では遠心模型実験技術の精度向上や新たな領域への適用拡大等に向けた研究が活発に行われているのに対し,世界最大の遠心装置保有国である日本の状況はやや停滞しているようにも思えます。
そこで,この度,多くの遠心模型実験ユーザーが集まるネットワークを改めて構築し,論文にはなかなか書かれない実験装置や手法の詳細,解析手法のノウハウなどの情報交換をはじめとする実験技術向上のための活動の場を提供することを目的に,標記シンポジウムを開催することと致しました。遠心模型実験を実施されている多くの方々にご参加戴けますようご案内いたします。


第1回遠心模型実験技術シンポジウム
(主催:遠心模型実験技術研究会,共催:地盤工学会四国支部)

日   時:2011年9月6日(火)13:30~17:30
      ※シンポジウム後に懇親会を予定しております

場   所:愛媛大学

参加申込み:2011年7月29日(金)までにemailにてお申し込み下さい。
      併せて懇親会へのご出席もお知らせ下さい

参 加 費:無料(懇親会は実費)

発   表:発表を希望される方は,申し込み時に併せてその旨お知らせ下さい。
      発表用パワポのコピーなど,簡単な資料を配付資料としてご提出いただきます。

申込み・連絡先:
    幹事 岡村 未対(愛媛大学大学院理工学研究科)
       Tel:089-927-980  
       Email:okamura@cee.ehime-u.ac.jp

以上