第5回次世代地盤改良技術に関するワークショップ
(5th New Ground Improvement Technique 2014: NGIT2014)

主 催:独立行政法人土木研究所・愛媛大学
後 援:公益社団法人地盤工学会四国支部
公益社団法人土木学会四国支部
公益社団法人日本材料学会四国支部
一般社団法人資源・素材学会関西支部
一般社団法人日本応用地質学会中国四国支部

 地盤改良で求められる効果が,地盤の固化や補強,土壌の中和等,現場によって多様化しています。
また,既設構造物の直下や管等の多くの構造物が埋設されている地盤の改良が必要となり,従来の地盤改良工法だけでは
困難な状況も出てきています。
そのような最中,地盤工学と生物学や化学の分野を融合させた次世代の地盤改良技術に関する研究開発が進められています。
 そこで,全国からこうした分野に精通した研究者や技術者にお集まりいただき,
「第5回次世代地盤改良技術に関するワークショップ」を下記のとおり開催いたします。
参加を希望される方は2014年8月22日(金)までに下記の連絡先までお申し込み下さい。
ワークショップの参加費は無料です。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

・日 時:2014年8月29日(金)13:00~17:00
・主 催:独立行政法人土木研究所・愛媛大学
・後 援:公益社団法人地盤工学会四国支部,公益社団法人土木学会四国支部,
      公益社団法人日本材料学会四国支部,一般社団法人資源・素材学会関西支部,
     一般社団法人日本応用地質学会中国四国支部
・場 所:愛媛大学城北地区(〒790-8577 松山市文京町3 番)
      工学部講義棟EL26 教室
     (伊予鉄道市内電車・鉄砲町駅で下車,西門から入って下さるとわかりやすいです。)
    鉄砲町駅までの主な経路
    ・松山空港→(リムジンバス)→JR 松山駅→(リムジンバス)→伊予鉄道・松山市駅
     →(伊予鉄道市内電車環状線・大街道方面行き)→鉄砲町駅
    ・JR 松山駅→(徒歩)→JR 松山駅前→(伊予鉄道市内電車環状線・古町方面行き)→鉄砲町駅
・プログラム
    13:00~13:05 開催挨拶
    13:05~13:35 愛媛大学・河合 慶有 助教の講演
                  (微生物を用いたコンクリートの補修について)
    13:35~14:55 話題提供およびディスカッション
             1)被災地復興における微生物機能活用に関する研究
                竹中工務店 谷川 友浩
             2)微生物を利用した泥炭の固化
                寒地土木研究所 佐藤 厚子
             3)微生物代謝により固化した砂の液状化特性
                土木研究所 稲垣 由紀子
             4)微生物機能により固化した細粒分混じり砂の液状化強度の評価
                東京大学 佐々木 翼
    14:55~15:05 休憩
    15:05~16:25 話題提供およびディスカッション
             5)炭酸カルシウムの生成速度について
                全国宅地防災技術協会 高橋 理恵
             6)ウレアーゼ活性により発生するアンモニアの硝化に関する基礎的研究
                応用地質 中條 邦英
             7)画像解析による砂の間隙構造の定量評価と油輸送機構の可視化
                熊本大学 椋木 俊文
             8)Scale up of enzyme mediated calcite precipitation as an insitu soilimprovement technique
                愛媛大学 Debendra Neupane(デベンドラ ネウパネ)
    16:25~16:55 愛媛大学の実験施設紹介
    16:55~17:00 閉会挨拶
    17:30~19:30 意見交換会(松山市内)
・参加費:ワークショップは参加費無料(意見交換会は参加者のみ会場にて別途集金させて頂きます)
・連絡先:独立行政法人 土木研究所つくば中央研究所
       地質・地盤研究グループ土質・振動チーム 稲垣 由紀子
       E-mail:y-inaga@pwri.go.jp
       TEL:029-879-6771,Fax:029-879-6735