【ご案内】令和6年度「地盤と防災・環境に関するシンポジウム」一般技術発表・参加募集

令和66月吉日

 

令和6年度 「地盤と防災・環境に関するシンポジウム」一般技術発表・参加募集のご案内

 

主催(公社)地盤工学会四国支部 徳島県地盤工学研究会

共催 四国地質調査業協会徳島県支部,徳島県技術士会

 

 地盤工学会四国支部徳島県地盤工学研究会では,四国地質調査業協会徳島県支部ならびに徳島県技術士会と共催で,標記のシンポジウムを開催いたします.本シンポジウムでは,4名の講師による特別講演会と,地域の技術者を中心とした一般技術発表会の二部構成を予定しています.

 特別講演では,特別講演1として徳島県建設管理課課長の谷川様に,徳島県の社会資本整備について現状および将来の展望に関してご講演いただきます.

特別講演2として国土交通省国土技術政策総合研究所の宮武様に,「国土強靱化に向けた国総研の取り組み~令和6年能登半島地震への対応~」(仮題)と題しまして,防災・減災やインフラ老朽化に対応するための研究開発の事例と,能登半島地震への国総研の対応(専門家を派遣しての調査,見えてきた課題)についてご紹介いただく予定です.

特別講演3では高知大学の原先生が精力的に取り組まれています木材による地盤改良工法に関しまして、令和6年度能登半島地震で発生した液状化を事例にご紹介いただきます。

特別講演4では愛媛大学の小野先生の研究テーマの一つである模型実験に関して地盤工学における役割についてご講演いただきます。

一般技術発表では,地盤や防災・環境に関する幅広い分野から,多くの方々の発表申し込みと参加をお待ちしております.学術的な話題に限らず,インフラDX推進事例や災害調査報告など,最近の動向につきましてもぜひご発表をお願いいたします.

なお,シンポジウム閉会後に交流会を予定しております.

 

開催日時:  令和6823日(金) 13:0017:00 

 

会場:         あわぎんホール 会議室6(対面形式)

https://kyoubun.or.jp/index.html

 

参加費:     無料

      ご希望の方に講演集を(一冊/千円)でご購入いただけます.参加申し込みの際に希望部数をお知らせください.

 

特別講演(13:0515:45):

  特別講演1(仮題)「徳島県における社会資本整備の現状と今後について」 講演時間:30分程度

           徳島県 県土整備部 建設管理課 課長 谷川 健治

 

  特別講演2(仮題)「国土強靱化に向けた国総研の取り組み~令和6年能登半島地震への対応~」

 講演時間:1時間程度

           国土交通省国土技術政策総合研究所 研究総務官 宮武 晃司

 

特別講演3    「令和6年能登半島地震の液状化と丸太による地盤改良工法」 講演時間:30分程度

高知大学 教育研究部 自然科学系 理工学部門 教授 原

           

  特別講演4(仮題)「地盤工学における模型実験の役割」 講演時間:30分程度

           愛媛大学 大学院 理工学研究科 講師 小野 耕平

   

一般技術発表(15:5516:55):

6編募集(予定),発表時間各10分(質疑応答込み).

下記申込みフォームから,題目,執筆者氏名(発表者名,連名者名),所属,電話番号,E-mailアドレス等を記入し,お申込み下さい.折り返し,シンポジウム発表講演集に掲載する論文原稿(A4410の偶数頁)の書式等をご連絡差し上げます.

 

発表申込み期限: 令和6724日(水) (原稿提出は 731日(水))

 

参加申込み期限: 令和6731日(水)  G-CPD4ポイント(予定)

 

交流会参加費: 6,000円程度(見込み)

 

申込み・問合せ先: 申込みフォーム: https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfK-SFyPBY1HwNLdxtYZ-HDv1eGlb5EM9SduM2PmctoPir5Sg/viewform?usp=sf_link

      

Googleアカウントをお持ちでない方は下記「問い合わせ先」メールアドレスまで,①お名前、②所属、③電話番号,④E-mailアドレス,⑤交流会の参加の有無等をご記入の上お申し込み下さい.

 

問合わせ先: (公社)地盤工学会四国支部 徳島県地盤工学研究会 事務局

                                株式会社 基礎建設コンサルタント 技術部内 担当 小林 昌弘

                                TEL088-642-5330

                                E-mailjgs-tokushima.conference@kisocon.co.jp